おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

TOEIC、英検対策② 勉強法 文法・リーディング・リスニング

今回は、TOEIC点数アップや、英検合格に向けた勉強法です。

文法、リーディング(読解)、リスニングに分けて、おばばが実際に取り組んで、効果のあった方法を紹介します。

 

【文法】

地道に文法・リーディング・リスニングを幅広く勉強するのが一番ではありますが、TOEIC点数アップに直結しやすいのは文法の勉強です。

 

過去問、TOEIC対策本をやるのが一番。まずは、5回~10回程度のTOEICを収録してある過去問又は対策本を買います。

そして、文法問題を時間を本番通りに計ってやってみます。それで、間違えた問題に印をつけて、間違えた問題だけ、何回も繰り返す。これに尽きると思います。

 

TOEIC400点~800点の方は、こんなふうにやれば、点数がグッと上がるでしょうし、「900点程度で文法は自信あるよ。」という方も、実は、苦手な文法問題による減点が点数アップを阻んでいることも多いです。大おすすめの方法ですよ。

 

【リーディング(読解)】

実は、英語の勉強の王道は読解です。仮に、1日1時間勉強するなら、20分読解、20分文法、20分リスニングといった配分をお勧めします。

読んで意味が分からない文章を、リスニングで聞いて意味が分かる訳がありませんよね。

 

実はおばばは、「読解はけっこうできるけど、リスニングが苦手。」かと思っていました。

確かに読解と比較してリスニングの点数が低かったのは確かです。

ですが、実は!

【リスニングが聞き取れない理由は読解力不足でした!】

 

当然ですが、リスニングでは、しゃべっている間の短時間で意味を把握する必要があります。ということは、読んでもすぐ意味の分からない文章は、しゃべっている間の短時間ではリスニングで理解できません。

 

逆に、読解力が上がり、英文を理解するスピードが上がれば、かならずリスニング能力も上がります。

 

英語の基礎力は読解力です。点数の上がりやすい文法とリスニングのみに時間を割くことはお勧めしません。実力を底上げするために、勉強時間の3分法(勉強時間の3分の1づつ、読解、文法、リスニングに時間を使う)が、自分の経験から、お勧めです。

 

では、読解の勉強をどうやるか。これは、自分に適した方法がいいと思います。やりやすいのは、やっぱり、TOEICの過去問又は対策本を時間を計ってやる方法です。直接的なTOEIC対策となるので、いい方法と思います。

 

おばばがやったのは、英語の小説を読む方法です。ダンブラウンのダビンチコードとか読んでいました。このような方法もお勧めですよ。本屋で自分として、ある程度簡単に読めるレベルで、自分でも関心のある本を探すのがいいと思います。

 

それ以外では、通勤・通学時間にスマホで、自分の関心のある分野の英語のサイトを読んでみる方法があります。隙間時間の活用です。

(ただ、通勤・通学時間には、リスニングを勉強する方がやりやすいですね。)

 

【リスニング】

リスニングのポイントは、リスニングの英文を紙で手元に用意した上で、何回も同じものを聞くことです。聞いて分からなかった部分は、紙で確認した上で、聞き直すことを繰り返すのがいいと思います。

 

分からないものを長い時間聞いていても、実力アップに時間がかかっちゃいますよ。

 

何を聞くかは、自分の関心によって決めて下さいね。

おばばもやってみて役に立ったのは、CNNニュースのリスニング勉強用教材です。本屋で売っているので手に入れやすいし、1回のニュースが短いので繰り返し練習に適してます。また、英文もついているので、リスニング内容も確認できますね。

 

更に、リスニング教材でリスニング力を上げるには、「シャドーイング」がいいと思います。紙で英文を見ながら、リスニングのしゃべりと同じスピード、同じタイミングでしゃべるのです。

 

これはオーソドックスな方法だけど、効果が高いと思います。ほんの1分のニュースですが、紙なしでシャドーイングできるようになるには、何日もかかります。できるようになるまでに、嫌になることも多々あります。

 

でも、このシャドーイングをすることで、同じ英文を何度もリスニングし、どのような単語がどのような発音になるのか、脳にインプットされるのです。これは、実は、英語のレベルの高い方用の勉強法ではありません。むしろ、これからリスニングレベルをあげていこうと考える方に適した勉強法であるとおばばは考えます。

 

また、英語のレベルの高い方は「TED」もいいと思います。英語の映像付きスピーチサイトです。英語字幕、日本語字幕も出すことができるので便利です。また、内容が面白そうなものが多いので、自分の関心のあるスピーチを勉強できます。でも、TEDはだいぶ難しいので、CNNとかのニュース教材の方がいいですよ。  

                                それからスカイプを活用した英会話レッスンもとってもお勧めです。

これは、1日25分程度のマンツーマンレッスンを毎日受講可能で、1カ月6千円~8千円程度です。

「レアジョブ」が有名ですが、HPで探して好きなものを選んで下さいね。

これで劇的に英語能力が上がるわけではありません。例えば、1日1時間の勉強時間に入れるのではなく、1時間の勉強にプラスして、モチベーションを上げる目的で取り組むのがいいと思います。

 

その上で、TOEIC対策本のリスニング問題にも慣れる必要があります。ある問題が分からなかった場合は、その問題は潔く捨てて、次の問題に集中するのがいいと思います。1問できないでダメージを受けていると、その後の問題も連続して落としていくことになりますので。

 

通勤・通学時間の活用は、リスニング対策にはぴったりです。毎日1時間勉強するには、リスニング20分のうち10分を通勤時間などで行えれば、やりやすいですよね。ボーっと聞いていては効果が少ないので、やっぱり集中しましょう。残りの10分は、家で「シャドーイング」がおすすめ。

 

今回の英語勉強法はここまでです。