おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

開成中学校長・サピックスインタビューのポイントまとめ

 今回は、朝日小学生新聞SAPIXの広告欄に、開成中学校長のインタビューが掲載されていたので、そのポイントをまとめてみました。

 

インタビューを受けたのは、今年4月1日から、前柳沢校長に代わって開成中学校の校長になった野水勉さんです。

それまでは、名古屋大学で30年近く国際交流などを担当し、多くの海外大学と学生交流を進めてきたとのこと。

 

それでは、野水校長のインタビュー内容のポイントです。

 

〇開成では、ここ10年、海外大学への進学者が増え、2020年にはケンブリッジ大 学やイエール大学などに10名が進学。

 

〇日本の学生が海外大学で学ぶには、高い語学力(TOEFL iBTで100程度)が必要。 しっかりした目標、モチベーションがあれば、開成でiBTで90~100が達成可能。

 

〇実践的な英語4技能を伸ばす教育に取り組んできた。

・ほとんどの教員が英語での授業が可能

・7名の英語ネイティブ教師

・高校では、毎日7、8時限目に希望者を対象として英語の少人数の特別講座を開講。海外大学での学びを見据えたライティング講座、世界のニュースを題材にしたディスカッションを実施。

・年2回、海外大学の留学フェア

・留学カウンセラーが、欧米の大学事情を踏まえ、必要な準備についてアドバイス

・中3、高1を中心に年間約50名が3週間程度のサマープログラムに参加(7月のプログラムの場合、期末試験を免除)

 

〇前柳沢校長がICT教育に関心を持っていたこともあり、4月の始業式の直後から、コロナ下でも、遠隔授業で対応できた。1学期の中間試験を実施できた学校は少ない中、遠隔で中間試験を実施。

 

〇運動会は中止だったが、高校生と新入生の交流の企画、バーチャル文化祭を目指すなどの取組。

 

〇現在、150周年記念事業として、新校舎を建設中。2024年に完成予定

 

goodweatherx.hatenablog.com

 

 

今回は、ここまでです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村