おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

トイレットペーパーホルダーを格安で交換する方法!

今回は、トイレットペーパーホルダーを格安で交換する方法です。

 

家のトイレのトイレットペーパーホルダーが古くなってくると、新しいものに交換したくなりますよね。少し前ですが、おばばも、ホルダーを交換することにしました。ところが、業者に交換を頼もうとすると、あるホームページによると2~4万円!高くてびっくりです。トイレの壁の穴あけとかお願いすると高くなるんですね~。

 

そこで、格安で交換するために、自分で交換することを考えました。アマゾンとかで、新品のホルダーをチェックすると。かなり安い料金からあるし、デザインも色々。好きなやつを買って、自分で取り付ければいいのね!  楽しくなってきました。

 

ところが。更に調べてみると、取り付けが大変そう!石膏ボードに穴をあけるためのドリルが必要かも?ドリルも結構高いし。しかも、ドリル使ったことないし、穴あけに失敗したら?なかなか、ハードルが高いので、一度は、「自分で交換」を諦めました。

 

でも、やっぱり業者に頼むのも高いなあ。何とかならないか、考えてみたら、新しく穴をあけないでも交換できる、いいアイディアを思いつきました!今、付いているホルダーと同じホルダーの新品を買えばいいのです!

 

現在のものと同じホルダーなら、既に穴が開いているので、ドライバーでネジをとってホルダーを外して、新品ホルダーをもう一度ネジで取り付ければいいだけです。今までと同じで変わり映えはしないけど、新品になるだけでも十分。

 

あとは、今あるホルダーの新品をアマゾンで買うだけです。ホルダーにはメーカーが書いてあれば、それを手掛かりに。そして、サイズとデザインからアマゾンを丁寧に検索して、今使っているホルダーと同じ品物を見つければいいです。

 

おばばは、アマゾンで首尾よく新品を見つけて購入でしました。届いたホルダーには、取り付け用のネジも付いてます。早速、ドライバーでネジを取って古いホルダーを外し、新品のホルダーを新品のネジで取り付けてみました。

 

ところが、ネジが途中で止まって、そこから入りません。ネジ穴の深さに比べて、ネジが長いようです。どうしよう。そうだ、古い方のネジを使えばいいんだ!古い方のネジは元々丁度よいサイズなのだから!

 

というわけで、トイレットホルダーの値段のみの格安で交換が完了しました。また、この方法の良いところは、ホルダーの発見・購入さえできれば、ドライバーを使うだけで、誰でもとても簡単に交換できることです。良ければ、皆さんもトライされてはいかかでしょうか。

 

今回は、ここまでです。