おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

玄関のカギが引っかかる!スムーズにしたい!(節約、お得のすすめ!)

今回は、玄関のカギが引っかかる場合の解決策です。

 

3年前のことです。おばばの家の玄関のドアにカギをかける時とか、カギを開ける時に、引っかかるようになってしまいました。最初は、ほんの少し引っかかるだけでしたが、年月とともに徐々に悪化。

 

引っかかるだけで、カギを開け閉めができないわけではないので、そのままにしようとも思いましたが、毎回のことなのでストレスです。やっぱり、カギは、力を入れなくても、すっとスムーズに使いたいなあ。

 

ということで、新しいカギに交換することにして、地元のカギ屋さんに電話しました。

 

(カギ屋)「おばばさんのカギを同じような新しいカギに交換する場合は、作業費込みで1万7千円位ですね。ちなみに、カギはどんな状態ですか?」

(おばば)「(ブログで今書いた状況を説明)」

(カギ屋)「引っ掛かりが強いだけなら、交換しなくても大丈夫かも。鉛筆の粉をカギ穴に入れてみて、様子をみてみたらどうですか?」

 

えっ、鉛筆の粉?そういえば、子どものころ、「カギ穴に鉛筆の粉を入れるとカギがスムーズになる。」と聞いたことがあります。これは、「やるしかない。」と思って、母親に、「やってあげるよ!」と言ったら、「鉛筆の粉なんか入れて、カギが故障するかもしれないから、やめなさい!」と言われて、泣く泣く諦めた記憶がよみがえってきました。

でも、カギ屋さんのアドバイスなんだから、大丈夫に違いない。

 

早速、鉛筆の芯をカッターで削って粉を用意。ティッシュで包んで、カギに粉をまぶし、何回も鍵穴に出し入れしました。

また、少しだけ引っかかるけど、かなり改善しました!
自分の儲けにならないのに、親切なカギ屋さん、ありがとう!


ところが、日がたつにつれて、また徐々に状況が悪化。
ついに、引っ掛かりがひどくなり、粉投入前と同じ状況になってしまいました。

 

やっぱりカギ交換かな、と思いつつ、ネットを調査すると。

いくつかの方法があるようです。いずれも似た方法が多いようですが。
おばばは、関連の情報を熟読。その中でも、効果が高く、簡単で、費用も安い方法を選択して、やってみました。

 

結論。

選択した方法はとても簡単にできて、カギ問題は完全解決しました!

 

方法を説明します。

① KURE(呉工業)パーツクリーナー(約400円)
② KURE(呉工業)ドライファストルブ(300ml)(約700円)

(いずれも、アマゾンで購入しました。)

を用意。

 

1:かぎ穴に、①を5秒間噴射! 垂れてくる液体を布でふき取る。
2:かぎ穴に、②を5秒間噴射!

以上、終了!!

 

かぎの開け閉めが、圧倒的にスムーズになった!
なんなら、新品の頃よりもスムーズ!

 

どうも、パーツクリーナーは鍵穴にたまった汚れを落としてくれるもので、ドライファストルブは摩擦を減らして動きをスムーズにする機能があるようです。

カギ交換をした場合と比べて、節約、お得にもなって大満足!

 

ここで終わってもいいのですが、おまけです。

 

カギ問題は解決したけど、①も②も、5秒づつしか使ってないので、大量にあまってしまいます。安かったし、また、カギ問題が発生した時に使えばいいかなあ。

 

とおもって、①、②についてネットで更なる調査をすると、①は自転車のさび落とし、②は金属の蝶つがいをスムーズにするなどなど活用方法は色々あります。

使い方を考えて、使ってみると案外楽しいです。

 

さらにおばばは、①を「ゴキブリ退治」に使ってみました。どうも、パーツクリーナーは有機溶剤といったものらしく、殺虫効果も高いようです。
ゴキブリは1年に1、2回、たまに出てくるのですが、そのためにゴキブリ用殺虫剤を買うまでもないなと思い、これまでは必殺武器の「丸めた新聞紙」で対応してました。

ところが、パーツクリーナが使えるようなので、イザというときに噴射してみました!
ゴキブリさんには、無事、ご臨終いだだくことができましたよ。

 

実は、殺虫効果も高いということは、人間にも有害ということです。
あと、可燃性で良く燃えるということで、パーツクリーナーを使った場所で火をつけると爆発するとか。

ゴキブリくんは動きがすばやいので、パーツクリーナーをたくさん使ってしまうおそれがあります。有害でもあり、また、火があると爆発のおそれもあるので、殺虫剤とか、本来の目的以外には使わないようにして下さいね。
(おばばは、自己責任で使ってます。)

 

最後に。
先月に、また、カギが少しだけスムーズでなくなったので、保管してあったパーツクリーナーとドライファストルブを使って解決しました。3年位たつと、カギ問題再発のおそれがあるんですね。このような場合に備えて、保管場所をわすれずにしてくださいね。

 

今回は、ここまでです。