おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

呪術廻戦の「両面宿儺」とは何者なのか?

今回は、人気マンガ「呪術廻戦」に登場する「両面宿儺(りょうめんすくな)」とは何者なのか? についてです。

 

最近、「鬼滅の刃」に続いて、これと少し似ている面があるともいえる、芥見下々さんのマンガ「呪術廻戦」が人気のようなので、読んでみました。

 

f:id:goodweatherX:20210428155837p:plain

(画像はお借りしています。)

 

面白くて、はまってしまいました。

呪術高専の「五条先生」は、強くて、生徒想いでもあり、かっこいいですよねー!

 

マンガには、悪役のキャラとして、「両面宿儺」が出てきます。

これは、どうも人間ではなく、人間の「呪い」から生まれた化け物のようなものです。

 

「両面宿儺」は、その名前の通り、二つの顔を持っているのですが、朝日新聞(2021/4/22)に、これは何者なのかについての記事がありました。

○実は「両面宿儺」は、8世紀の歴史書「日本書記」の仁徳天皇の辺りに出てくる。

○「宿儺」と呼ばれる人物が飛騨の国(現在の岐阜県北部)にいて、それぞれ反対側 を向く2つの顔を持っていた。

○天皇が派遣した将により、討たれた。

 

○日本書記などには、宿儺以外にも、「怪人」とでもいうべき者が登場

○クマソの国には「羽白熊鷲(はねしろくまわし)」という翼を持つ怪人、オオキタの国には「土蜘蛛(つちぐも)」という怪人がいて、彼らは力が強く、多くの部下もいて、天皇の命に従わなかったため成敗された。

 

○「両面宿儺」などの怪人は、大和朝廷に従わなかった地方の首長で、朝廷としては 耐え難い人物であったため、卑しみを込めて、「怪人化」されたとの説がある。

 

○ところが、岐阜県の日龍峰寺に残る「両面宿儺」の像は、唐風の甲冑を身につけた 武将の姿であり、「両面宿儺」は呪文を唱えることで村人を苦しめていた龍を滅ぼ し、その地に寺を開いた超人的な英雄であると伝えられている。

 

「勝者が歴史を作る」という言葉があります。

 

古今東西、歴史上の勝者は、自分を正当化し敵を貶めることで、権力基盤を強固にしようとすることが良くあるということですね。

 

そうすると、地方では英雄であった「両面宿儺」も、大和朝廷により滅ぼされることで、怪人として後世に伝えられてしまったのかもしれません。

 

なんとなく、「両面宿儺」の無念が感じられる気がしてきました。

 

こんな話を、子どもにしてみるのも、歴史を理解する上で役に立つかもしれません。

【入荷予約】【新品】呪術廻戦(0-15巻 最新刊) 全巻セット 【5月上旬より発送予定】

価格:7,744円
(2021/4/28 15:54時点)
感想(24件)

 

 

 

今回は、ここまでです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村