おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

メルカリのすすめ②(出品価格を決めよう!)

出品価格を決めるには、その価格で、どれだけ利益が出るのか、知りたいですよね!

メルカリはどの位、利益が得られるのか、ご説明します。

 

出品価格は、300円以上の価格であれば、出品者が自由に決められます。

この時、通常は配送料込みで価格を決めます。(配送料は出品者持ちということですね)

そして、売れた場合、メルカリ運営側が、売れた価格の10%をとります。

ですので、利益は売れた価格の90%(9割)から、かった配送料を引いた額です。

(利益)=(売れた価格の9割)-(配送料)

だから、配送料がどれ位かかるか事前に分かった上、出品価格を決めるのが重要です。

あまりに安い出品価格だと利益がマイナス、つまり損をしてしまう恐れもありますね。

 

配送には、

①通常の郵便局での郵送

②らくらくメルカリ便

③ゆうゆうメルカリ便

があります。

使いやすいのは、②と③です。

 理由は、以下です。

-配送料が安い

-コンビニ(24時間営業の店も多いですね)で発送できる。

 (夜、子どもが寝付いたあとで、コンビニで発送することもできますよね)

-宛名書きが不要

-匿名発送(自分の名前や住所を相手に知られずに、配送できる)

 

配送料は、

②らくらくメルカリ便は、A4サイズ(21×30cm)以内、厚さ2.5cm以内なら、

 195円(全国一律)。(このサイズは【ネコポス】という名前です)ファミリー マートやセブンイレブンで発送できます。

③ゆうゆうメルカリ便は、

3辺の合計が(60cm)以内、一番長い辺が34cm以内、厚さ3cm以内なら、

 175円(全国一律)。ローソン、郵便局で発送できます。

 

出品する時は、配送料を安くするため、

②らくらくメルカリ便の195円か

③ゆうゆうメルカリ便の175円

で発送できるサイズのものを選ぶのがおすすめです!

小さい子ども服は、このどちらかで配送できるサイズの服が多いですよ。

 

梱包は、家にくる大き目の宣伝の郵便物の封筒やアマゾンを注文した時の梱包封筒を再利用すれば、0円で済みますね!

 

たとえば、子どものTシャツでほとんど使わずに、キレイなものの出品価格を決めてみましょう!

 

おばばのおすすめは、ぞろ目の出品価格。

例えば、Tシャツを444円で出品して売れて、らくらくメルカリ便【ネコポス】で発送した場合。

メルカリが10%取るので、444円で売れた場合の出品者の取り分は、

400円(444円の9割)⇒ぞろ目だと、ぴったりの取り分になるので分かりやすい              です。666円だと取り分600円。1111円だと取              り分は1000円。いずれにしても、ぴったりですね。

らくらくメルカリ便【ネコポス】の配送料が195円なので、

利益=205円 (400円-195円)

です。

 

値段を高くすると売れないので、最初はすごくお手頃価格にして【売れる喜び】を味わいましょう!はい!

 

あと、ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便は、出品する時に、配送方法として、このどちらかで配送する設定をしておかないと使えません。事前の設定なしに、売れたあとで、ゆうゆうメルカリ便やらくらくメルカリ便で送ることができないです。

シュピーン(出品)!するときに設定するのを忘れずに!!

 

それでは、出品価格を決めて、配送設定をして、シュピーン!しましょう!!!

今回の記事は、ここまでです!

 下の方にいくと、広告のあと、関連記事リストがあります!