おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

休校の終わりに

「ああ、学校休みにならないかなあ。」

子どもの頃、ふと思うことありましたよね。

 

2020年2月27日

そんな子ども達の願望が、現実になりました。

「3月2日から春休みまでの休校」を、総理大臣が要請。

 

次の日。

教室で、浮足立っている子ども達に届いた知らせは、「明日から終業式まで休校」の決定。

大歓声が、鳴り響いたそうです。

 

3カ月も続くなんて、あの時は思わなかったですよね。

皆さんは、どんな3カ月だったでしょうか?

 

今日(5/25)、ついに首都圏と北海道の緊急事態宣言が解除されました。全国で、宣言が解除されたことになります。休校していた学校も、再開されます。

 

世の中では悲しい報道もあり、我が家でも、大変なこと、不安なこともあった3カ月でした。

 

成長期の子どもが、学校へ行かず友達と遊ばず、家にいるという事だけでも、本人にとっても、親にとっても大変なことですよね。

 

ピヨ太は、小さい頃から手がかからず、小学校に入ってからは、好きなことに打ち込んだり、友達との世界を広げたりしながら、手が離れていきつつありました。

3年生の頃からは、一人で電車に乗って習い事へ行くようになり、行動範囲も広がりました。

 

この3カ月は、まるで小さい頃に戻ったかのように、平日は2人きりで過ごしました。

ピヨ太は、いつの間にかぐっと成長していました。自粛生活の中、助けられることも多かったです。

 

よく冗談を言っては、笑わせてくれました。明るくて冗談をよく言うおじじに似てきたんですかね。気遣いを見せたり、優しい一面もありました。

 

いくつもの思い出もできました。駅9つ分の長い散歩、一緒にした大掃除、ピヨ太が作ってくれた料理。

 

GWの旅行、100%諦めはついていたんだけど、なかなかキャンセルの決心をつかないおばばを、諭してキャンセルさせ、その後、励ましてくれたりもしました。

どっちが親だか分からないです(;´・ω・)

 

ぶつかったのは、勉強量について!

休校前と同じ量で満足して、空いた時間は他のことに使いたいピヨ太と、せっかく時間に余裕があるのだから、もっと勉強をして欲しいおばばとで、時々対立しました(;^ω^)

 

走る速さも、算数の問題を解くスピードも、もうピヨ太にはかないません。数年後には、背も越されてしまうでしょう。でも、あともうしばらく、親として面倒をみさせてほしいです。

 

春休みや夏休みのようにはリフレッシュできなかった、長い長いお休み。

再開するまで、早朝の陽ざしをしっかり浴びて、学校が始まったら、まずはゆったりと見守っていこうと思います。

 

3カ月、休校自粛生活を一緒に乗り切ってくれたピヨ太。

ありがとう。よく頑張ったね。

 

今回は、ここまでです。