おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

難関校トライアルテストについて

5/15(土)の難関校トライアルテストの案内がありました。

 

応用クラスは必須のテストのようです。同じように応用クラス必須だった記述力模試のように、難易度の高いテストなのでしょうか。

 

この日は、午前中に難関校トライアルテスト、午後に授業。日曜日はいつも通り育成テストと日特の授業と、土日の午前午後は埋まり、いつもの週に増してハードなスケジュールとなります。

 

授業の復習の時間はどこにあるのだろう・・と、焦ってしまいます。どれかを削ってみたいですけど、授業もテストも、どれも大切で悩ましいです。

f:id:goodweatherX:20200919140604p:plain

________✎

 

難関校トライアルテストは、前期に1回、後期1回あるようです。

 

過去のブログや掲示板での情報によると、前期は受験者共通のテスト、後期は志望校別のテスト。

毎年、同じ(ような?)出題で、日能研卒業生の学校別の合格者が、過去の難関校トライアルテストでは何点を取っていたかのデータが見られるようです。

データの日能研ならではのテストですね。
毎年の平均に変化が小さく、再現性の高いテストとのこと。

 

志望校や併願校を考える上での参考になりそうです。

お子さんと同じ点数から志望校への合格者が出ていれば希望がありますし、合格者平均を大きく上回っていれば、併願校として考えることができます。

 

難関校志望者にとっては、幅広い層が受験する公開模試よりも、 より正確な判定がつきやすいかもしれません。

 

 

今回は、ここまでです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村