おばばのブログ

中学受験(2022年)と節約、お得情報と英語などについてのブログです。

よく見かけるランキング【ねとらぼ調査隊】って何?

yahooニュース、1日に何回くらい、見ますか?

おばばは、3、4回くらいです。

何か速報が来た時についでに、とか。仕事の区切りがついた時、とか。

 

そんな時、「なんちゃらランキングTOP10!」なんてものが目にとまったりしますよね。

ほっほう、と思いながら、目を通したり。

あ~、おばばだったら、こっちの方がいいけどなあと思ったり。

 

それにしても、今日のランキングには、びっくりしました。

 

「好きな男性グループ」ランキングです。

 

もう、最近のジャニーズとかよく分からないので、King&Princeくらいですね。キラキラした王道アイドルの匂いがします。それでも、全員のお顔や名前が分かるかというと、無理なのですが。

おばばが分かるグループと言えば、スマップや嵐になりますが、もう活動していません。

 

そんなことを思いながら、見てみたら。

 

1.BTS

2.TOKIO

3.King&Prince

4.EXILE

5.関ジャニ∞

6.三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

7.Kinki Kids

8.V6

9.DA PUMP

10.DISH//

 

色々、言いたいことはあるのですが、2位のところで2度見してしまいました。

 

それにです。

 

それぞれ、順位の下には、紹介の写真やMVがあります。

 

1位のBTSは、これです。

 

www.youtube.com

かっこいいですね。

ピヨ太も、再生回数にめっちゃ貢献しています。

 

 

で、2位のTOKIOは、これです。

 

f:id:goodweatherX:20211021121634p:plain

(画像はお借りしています。)

 

どういうこと? (゜o゜)

 

それはともかく、1位から10位まで、おばばでも全部分かりました。

というか、もうアイドルという年代でないグループの方が多い?そもそもアイドルという概念が変わってきているのか?EXILEさん達はともかく、DISH//の歌は大好きですけど、アイドル??

 

そこで、この調査もとは何なのかを見てみると。

 

「ねとらぼ調査隊」とあります。

 

「ねとらぼ調査隊」って、何なのか?

どんな調査法なのかを、調べてみました。

 

 

国内最大級のインターネット専業メディアを展開する『アイティメディア株式会社』は、ネット上の旬な情報を国内外からジャンルを問わず幅広く紹介する『ねとらぼ』などで、月間で4000本以上の記事を配信。

『ねとらぼ調査隊』は、『ねとらぼ』のサブブランドとして2019年10月に始まったそうです。

 

では、ねとらぼ調査隊は、どうやってランキングを作っているのか?

 

『ねとらぼ調査隊』は、SNS等で話題になったものをスピード重視で記事にするのではなく、話題の量や、反応を分析したうえで、記事を作ってるとのこと。

 

SNSのデータ分析には、「Social Insight」を導入しているそうです。

「トレンドキーワード」機能から、ランキング形式で集計された「キーワード」をチェック。1日前、1週間前、1年前など、過去にもさかのぼって、推移も把握。

その後、「クチコミ分析」で、どのように話題が盛り上がったをチェックして。最後に「ポジネガ分析」で、ユーザーの受け止め方を深く分析。

 

そうして、「これは世間で言われているほどバズってないですよ」とか、「最初はネガティブな反応でしたが、ポジティブな反応が増えてきています」とか、分かるそうです。

 

う~ん、なるほど。

 

そうすると、さっきの「好きな男性アイドルグループ」ランキングに戻ると。

 

SNS上で、好感(ポジティブ)を持って話題になることの多いグループ2位として、TOKIOがくるのは、納得できます。

 

女子高生100人を集めて好きなアイドルグループを聞いた結果とはだいぶ違うものかもしれないけれど、広い世代によく知られていて、好感を持たれているグループということになるのですね。

 

ちなみに、ねとらぼ調査隊のランキングを、色々見てみると。

 

「2021年秋ドラマ」期待度ランキングTOP15では。

 

1位 相棒 season20

2位 恋です!ヤンキー君と白杖ガール

3位 日本沈没ー希望のひとー

 

我らが「二月勝者」は、8位にランクインしていました!

 

 

今回は、ここまでです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村